【2017年11月東京勉強会レポート】情報発信と信用について

皆さまどもです!denです♪

本日は私が参加している年間コンサル企画【NVP】の東京勉強会についてのレポートと、その時に感じたことなんかをツラツラと書いていきたいと思います。

備忘録みたいな感じで残して行こうと考えていますので、いつも以上に読みにくいと思いますがご容赦くださいませm(__)m

2017年11月18日東京勉強会

2017年11月18日・東京都内某所にて、私の師匠であるゆーいちさんの年間コンサル企画「NVP」の勉強会が行われました。

もちろん私は参加・・・なのですが、退院したばかりで体調が本調子ではなく、楽しみにしていた勉強会後の飲み会は行けないことに。

初めて会う方もたくさんいたので色々とお話しをしたかったのですが残念。

 

さてさて、勉強会の内容についてですが、

・場の理論 情報発信の本質と実例

・コップ1杯の理論

・感情を動かすライティング

という内容を4時間みっちりとお聞きしてきました。

 

わかっていたつもりだった事や目から鱗だった事など、本当に学びが多い濃厚な時間でした。

詳しい内容は書けませんが、

「真摯に向き合い、相手の立場になって考える」という基本的な部分を様々な角度から掘り下げた内容。

世の中の情報発信者やプロダクトローンチ(ノウハウ販売系など)で収益を出している方々の中で、一体どれだけの人がこれを意識しているんだろう?という位、ビジネスとその先にいる”人”に対して真摯なノウハウ。

改めて師匠がゆーいちさんで良かったなって思えました。

➡️トレンドブログとの出会い!生き方を変えるビジネスモデルがあった!

 

そしてやはり・・・というべきことですが、どのビジネスでも大事になってくるのは“信用してもらう”ってことなんですよね。

信用残高という概念

情報発信の世界でよく使われる言葉で「信用残高」という言葉があります。

この記事を読んでいる人なら多分一度は聞いたことあると思いますが、要は「集まった信用がお金に変わる」といった概念で「残高を超えたお金を集めると必ず歪みが出る」という考え方でもあります。

プロダクトローンチ基準で考えると割と悪どいことのように感じるかもしれませんが、世の中のビジネスは基本的に信用の中からキャッシュが生まれるわけですから至って普通の考え方だと私は思っています。

ビジネスであれファンディングであれ銀行だって信用があるからそこにお金が集まるわけですよね。

つまりどんな仕事であれ絶対に信用を集めないといけないんです。

そして、その信用を裏切ってはいけないんです。

 

NVP参加者の中には、信用を集めて人を集めたのにまともなコンサルをしない情報発信者に引っかかった方もいらっしゃいます。要は被害者ですよね。

トレンドブログや情報発信のベースは”ネットの世界”です。だからこそより信用を大事にしてしっかり応えて行かないと行けないのに・・・。

 

少人数でもコンサル生を持っている今だからこそ、今回の勉強会の内容は胸に響きました。

 

私を信用してくれたコンサル生を絶対稼がせる!

改めて心に誓いました。

 

ここまでダァーと一気に書いて見返してみたんですが・・・だいぶ青臭いこと書いてますね。

ちょっと恥ずかしくなってきましたが、私はこれでいいんじゃないかなって思います^^;

では本日はこんなところで。

 

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です